赤ちゃん

赤ちゃんの肌トラブル

先生

赤ちゃんの肌トラブルとは

乳児湿疹は生後2週間くらいから4カ月くらいの間に発症する赤ちゃんの湿疹です。発症する場所は首より上で体にできることはありません。乳児湿疹は、赤い湿疹であったり、髪の中にできる黄色いかさぶただったり、ほっぺにできる白いかさかさしたものだったりと、症状はさまざまですが、多くの赤ちゃんが経験します。しかし。1歳の誕生日を迎えるころには、自然に治っていることが大半です。かゆみも少なく、基本的に自然に治癒するものですので、乳児湿疹の対処法としては、第一に赤ちゃんのお肌を清潔に保ってあげることです。それでも症状が改善しなかったっり、症状が重い場合には、専門医の判断が必要となりますので、小児科を受診するようにします。

なぜ発症するのでしょうか

乳児湿疹の原因は、何でしょうか。まず、生後間もない赤ちゃんには。妊娠中にお母さんから受けた女性ホルモンの影響が残っています。そのため、赤ちゃんは皮脂の分泌がとてもさかんで、お肌に皮脂が溜りやすい状態となっています。このように赤ちゃんからさかんに分泌されている皮脂が、まだ未発達で小さい赤ちゃんの毛穴に詰まることが原因となり、乳児湿疹を発症しているのです。母乳の場合だとお母さんの食事が原因だ、などと言われることもありますが、それだけではなく、赤ちゃんの皮脂の分泌が乳児湿疹の大きな原因となっています。また、赤ちゃんの肌の強さや体質も乳児湿疹に影響しますので、お母さんが過剰に敏感になる必要はありません。

適切な判断が大切

ドクター

赤ちゃんで気になるであろう事には湿疹などが多いでしょう。それほどに赤ちゃんは肌などは弱く目が離せないものです。その湿疹の出来る家庭や意味とは何かを把握しておきましょう。

» 読んでみよう

赤ちゃんの肌を守ろう

オイル

ベビーオイルは赤ちゃんの肌を肌荒れから守ることが出来て、さらに保温をすることも可能となっています。このベビーオイルを使うときには注意することがあり、なるべく風呂あがりにゆっくり撫でるように塗りましょう。

» 読んでみよう

保湿剤の必要性

幼児

ベビーローションは、肌に蓋をして水分を逃がさない働きをしてくれます。赤ちゃんでも安心して使えるベビーローションは、子供も大人も使えるため家族で一緒に使うことができます。入浴後の肌の水分をしっかりと保つことで、かゆみなどの肌トラブルを予防することができます。

» 読んでみよう