ベイビー

赤ちゃんの肌を守ろう

オイル

特徴を知っておこう

ベビーオイルというのは赤ちゃんの肌に塗るものであり、肌荒れなどから守ってくれるという特徴があります。乾燥から守ってくれるという効果以外には、保温するというバリア効果も期待できるのです。さらにホホバオイルの3倍の水分を逃さないという結果もあって、赤ちゃんだけでなく大人も使うことが可能となっています。特に敏感肌の人に対して効果を期待できるものであり、アレルギーのある赤ちゃんでも使用する事ができるのです。ベビーオイルはカラダの前進に使うことができるもので、日焼けをした後の肌にも使えます。妊婦などはお腹が大きくなってくると妊娠線が出てしまいますが、この妊娠線を予防したいときにベビーオイルを使うことも可能なのです。

使い方に注意しよう

ベビーオイルを使うことによって肌荒れ予防と保温を同時に行うことができるのですが、これは効果的の使うなら注意する事があります。それは風呂あがりに行うというものであり、風呂から上がった時には放置しておくとどんどん肌が乾燥していくのです。なので、あまり時間を置かないようにして素早く塗るようにしましょう。また汚れている肌に使用しても逆効果になってしまうため、肌が汚れている場合はちゃんと洗浄したから使うように心がけます。ベビーオイルを使うときには適量を使って両手でこすり温めていくのです。温まったら赤ちゃんの肌に塗ることになりますが、この時にこするように付けると傷が入る可能性があるので優しく撫でるようにしましょう。