ベイビー

適切な判断が大切

ドクター

赤ちゃんのお肌のトラブル

乳児湿疹は生後2週間くらいから発症します。乳児湿疹が発症する原因は、妊娠中に多くの女性ホルモンを受けることだと言われており、大半の赤ちゃんが発症します。乳児湿疹には軽い症状のものから重い症状のものまでさまざまなものがありますが、1歳から2歳になるまでに自然に治ります。また、あまりに湿疹の症状がひどい場合は、乳児湿疹ではなくアトピーやアレルギーによる湿疹であることもあります。気になる場合には、早目に小児科を受診し、適切な治療を受ける必要があります。もしアトピーやアレルギーでなくても、症状によっては薬を使用することでとても早くよくなる場合もあります。素人判断ではなく、専門医の適切な判断を受けるようにしましょう。

対処法とは

乳児湿疹が出た場合の対処法は、第一に赤ちゃんのお肌を清潔に保つことです。乳児湿疹ば病気ではなく、自然に治癒することが大半ですので、基本的にはお肌を清潔な状態にしておけば、ある程度の期間で治っていきます。毎日しっかり沐浴をする、汗をかく季節には通常の沐浴に加えて簡単な水浴びをさせてあげる、首のまわり、ソ警部など、洗い残しやすい部分もしっかり洗う、沐浴後はごしごし拭かずに軽く叩くように拭いてあげる、乾燥する季節には沐浴後に保湿剤を使用してお肌を守ってあげる、などが対処方法になります。また、湿疹が出ていると痒そうな感じがしますが、患部を掻いている赤ちゃんも少ないので、あまり痒みはないようです。もし赤ちゃんが患部を掻いているようなら、小児科を受診しましょう。掻くことで患部が傷つき、さらに湿疹がひどくなることもあるので、早目の受診がお薦めです。