ベイビー

保湿剤の必要性

幼児

保湿でかゆみを防ぐ

体のかゆみを我慢するのはとてもつらいことです。とくに赤ちゃんや小さな子供は、かゆみを我慢できずに掻きむしってしまい、症状を悪化させてしまうことも少なくありません。一度掻き壊してしまった皮膚は、ふたたび元の肌状態に戻るまで時間が必要となります。夏場の暑い季節などには、「とびひ」となって他の部位にも湿疹がうつってしまうことも考えられます。そうならないためにも、まずはかゆみが起こらない肌を保つことが大切です。肌の乾燥はかゆみを引き起こす原因となるため、ベビーローションなどの保湿剤で潤いを保ってあげることが重要です。ベビーローションは刺激が少なく、赤ちゃんから大人まで幅広く使えるため、とても人気があります。

入浴後の保湿が大切です

ベビーローションは、刺激を受けやすい赤ちゃんにも安心して使えるように考えて作られています。そのため、添加剤などの体の負担となり得る物質は含まれていません。肌の弱い人でも安心して使えるのがベビーローションの良いところです。誰でも使えることで、家族みんなで共有できる点も喜ばれています。保湿に最適なのは、入浴後の肌に水分が多いときです。保湿剤は肌に蓋をする役割のため、入浴後などの水分量が多いときにこそ効果を発揮します。タオルで水分を拭きとったらできるだけ早く保湿することで、しっとりと潤った肌を保つことができます。肌が弱い人の場合、水分が失われる時間が他の人よりも早いため、スムーズに対処する必要があります。